海外業者と国内業者の違い

FX & バイナリー

海外業者と国内業者の違い

バイナリーオプションの利点として、取引ルールが簡単であることが挙げられます。 これは、一定時間後の相場価格が購入時点と比較して上下のどちらになるかを予想することで利益を得られる可能性があるということです。

バイナリーオプションの業者について調べた時、海外業者を取り扱うサイトと国内業者を取り扱うサイトに2分されています。 海外と国内との間にはもともと取引ルールにおいての違いはありませんでした。 しかし、単純な2択から予想し利益を得ることが射幸心を煽るギャンブルに近いものとみなされたため、国内業者においては2013年11月から取引に関しての規制が設けられてしまいました。

主な規制内容として単純2択から予想するルールの禁止や短時間での取引の禁止があります。 具体的には短時間のハイローと呼ばれるルールが禁止されてしまったのです。 これは、バイナリーオプションにおいては人気のある取引であったため、規制の始まった現在では海外業者での取引を始めようと取引先を変更するトレーダーが増えてきているのです。

海外業者と国内業者の違いはこの規制によるものだけではありません。 予想が当たった時に得ることのできる利益に関しても、海外と国内との間で違いが発生していることが確認できます。 海外業者には取引を行う1口にペイアウト率が設定されているのに対し、国内業者で得られる利益は取引1口に対して固定額が決められています。 このような得られる利益に対する設定でも違いがあるのです。